患者さんの幸せな人生のお役に立ちたいと思っております。

サイトマップ

〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須4-10-78

知覚過敏 HYPERSENSITIVE DENTIN

マウスピース・スポーツマウスガード MOUTHPIECE・SPORTS MOUTHGUARD

知覚過敏

虫歯でもないのに歯がキーンとしみて痛い、というのは知覚過敏の代表的な例です。
冷たい飲み物やアイスクリームを食べるとしみる、歯ブラシをすると痛む、ひどい場合では風が当たるだけで痛い場合もあります。

知覚過敏の原因

知覚過敏の原因は主に「不良な噛み合わせや噛みしめなど」が挙げられます。

一般的な知覚過敏の治療法

知覚過敏で歯医者に行った時に一般的に行われる治療は以下の2点です。

  • 歯磨きの改善
  • 歯の表面のコーティング

1.の歯磨きですが、歯磨きの仕方が悪くて歯の表面が削られ知覚過敏になる、という考えに基づいてのものです。
しかし、歯の表面のエナメル質はモース硬度という宝石などの硬さを示す単位では鉄と同等以上の硬さだとされています。鉄を歯ブラシでいくらこすったところで表面が削られるでしょうか?
やはり、歯磨きの仕方を変えたところで知覚過敏が改善されることはほとんどないようです。
ただ、知覚過敏向けとして売られている歯磨き剤(シュミテクトが有名ですね)は知覚過敏を抑制する硝酸カリウムという成分を含んでいたりするので軽度の知覚過敏では効果があるようです。


2.の歯の表面をコーティングする方法では歯の表面にフッ化物の入った薬を塗布したり歯科用セメントで歯の表面がすり減っている部分をコーティングします。
しかしこれらの方法でも、数ヶ月でコーティング材がはがれたり擦り減ったりで効果がなくなってしまうことが多いです。

大原歯科医院での知覚過敏の治療法

当院では知覚過敏の根本の原因を解消する事に重点を置いて治療を行なっています。実際、3,4回程度の処置で7割以上の患者様の知覚過敏が治っています。
ただし保険外の治療となりますので、3回の治療で約1万円程度の治療費がかかります。

  • 1回目の来院 治療内容の説明と口腔内の検査
  • 2回目の来院 1回目の治療
  • 3回目の来院 2回目の治療

初回のご来院時に治療内容をしっかりと説明いたしますので、そこで治療を受けるかどうかをご判断いただけます。一般的な治療法でも治らなかった方はお気軽にご相談にお越しください。

驚愕の改善!!知覚過敏よ、サヨウナラ

当院の患者様の知覚過敏についてのアンケートをご紹介いたします。


※以下のアンケート画像をクリックすると画像が拡大化されますのでご覧くださいませ。

知覚過敏

知覚過敏

知覚過敏


知覚過敏

こちらの方は1年も知覚過敏に悩まれていて、
他の医院へ何度も通っても治らず来院されました。
平成29年11月から4回の治療で翌月の12月には
ほとんど治りました。本当に良かったですね。


知覚過敏

女性の患者さんです。

院長のコメント
ずっと悩んでいらっしゃった様ですが、5回の来院でほぼ症状がなくなりました。


知覚過敏


知覚過敏


知覚過敏


知覚過敏


通院期間2ヶ月  回数5回

通院期間2ヶ月  回数5回

「以前までは冷たい風も痛くしみていたが今ではなくなっ た」
との事で本当に良かったです。


院長のコメント
大変ヒドイ知覚過敏でした。通常3回程度で治癒するところ8回:5ヶ月かかりました。
神経も取らずになおす事が出来て本当に良かったです。 
院長


院長のコメント
随分遠くから来られ大変つらそうでお気の毒でした。
学生さんという事もあり、出来る限り来院回数を減らすために初診時に充分時間を かけ診査したところ適切な診断となり一度で完治しました。
本当に良かったですね。


■熊谷麻里さん(35歳)
通院回数  2回
通院期間  2ヶ月

1どんな時どのような症状がありましたか?具体的にお願いします。
・いつ頃より気づかれましたか?

約2ヶ月前からです。

・どのような症状がありますか?
冷たい飲み物やご飯をかんでいる時に痛くなった。朝起きた時も。

・他院での治療やご自身で工夫はされましたか?
強くかみすぎないようにしたが、変化はなかった。

2 当院で治療後の、現在の症状はいかがですか?
かみしめが原因だったので、マウスピースをつけたら楽になった。

3 最も症状の強かった時を10として、現在の状態を数で示して下さい。
10→1~2

4 知覚過敏で悩んでみえる患者さんへのご意見はありますか?
少しでも症状があれば、早めに診てもらった方がいいと思います。
私も最初はかみしめが原因とは思わなかったので、困っている人は歯医者に
行った方がいいと思います。

■橋本 和代さん(55歳)
通院回数  13回
通院期間  7ヶ月

1 どんな時どのような症状がありましたか?具体的にお願いします。
冷たい食べ物、飲み物、常温のおにぎりでもしみた。
揚げ物の衣を噛んだ時、ズキズキしてアルミを噛んだような嫌な感じがした。

・いつ頃より気付かれましたか?
約1年前からです。

・他院での治療やご自身で工夫はされましたか?
地元の歯医者に通った。そこでの治療はお薬を塗ったり、
掃除の繰り返しで最後は神経を取ると診断され嫌で転医した。

2 当院で治療後の、現在の症状はいかがですか?
とても良い。かき氷やアイスも食べれるようになった。揚げ物も食べれるようになって本当に嬉しいです。

3 最も症状の強かった時を10として、現在の状態を数で示して下さい。
10→3以下

4 知覚過敏で悩んでみえる患者さんへのご意見はありますか?
神経を取らないと治らないと他院で言われましたが、
大原歯科では初めからそんな事は言われず根気よく治して頂きました。

医院よりコメント
アンケートにご協力頂きありがとうございました。
常温のおにぎりでもしみると聞き、大変お辛かったと思います。
今ではアイスもかき氷も食べれるという事で私たちスタッフもとても嬉しく思います。
今後は何も気にせずお食事を楽しんで下さい。

■岩城 学(仮名) 49歳

1 どんな時どのような症状がありましたか?具体的にお願いします。
朝、口をうがいしようと水を含むと奥歯が痛かったです。
最初はちょっとしみるという感じでしたが、次第に痛みが強くなり激痛になっていきました。
また、食事中も徐々に痛みがひどくなり食事をするのも困難になっていきました。
最初は固いものが食べられなくなり、最後はお米を食べるのも難儀になりました。
とにか く痛くて痛くて耐えられなくなりました。

・いつ頃より気付かれましたか?
約1年半前からです。

・他院での治療やご自身で工夫はされましたか?
はい、二つほど通院しました。当初は奥歯の虫歯と診断されました。
しかし、全然痛みがとれません。色々と検査してもらいようやく知覚過敏と言われました。
その間、まったく虫歯でない他の歯も削ったりされました。
知覚過敏とわかって週に一回スーパーシールという薬剤を塗ってもらいましたが、
最初の数時間は痛みがありませんがすぐに痛みが再発してまったく効果がありませんでした。
そこで違う歯医者へ行き事情を説明したら歯ぎしり防止用のマウスピースを作りました。
数ヶ月、装着しましたが 効果はありませんでいした。

2 当院で治療後の、現在の症状はいかがですか?
まさかこんなに痛みが緩和されると思っていませんでした。正直びっくりしています。
当初「どうせまた同じだろう、治らないだろう」とタカをくくっていました。
初診の際の大原先生の丁寧(図解つき)な説明がわかりやすく、
更に今後の治療方針とスケジュールが明記されて安心しました。
僕の場合は“噛み締め”と“歯ぎしり”と“噛み合わせ”が
知覚過敏の大きな原因になっていると言われました。
神経も歯も抜かず、専用のマウスピースを装着しながら治療を行い、
トータルの治療回数は約5回ほど通院すれば良くなると言われたのも精神的に楽になりました。
歯医者さんというと、どうしても予約 を入れられて永遠に通院しなければいけないような雰囲気を
作るところが多いですが、大原歯科院は初診の時に大体の通院回数の目安を言ってくれたので、
仕事にも影響を与えないから安心しました。

話は戻しますが、現在は多少は痛みます。朝のうがい時ぐらいですかね。
食事中の痛みはまったくありません。
以前はお米を噛むだけでアゴを押さえていましたが、今では嘘のように食べられます。

3 最も症状の強かった時を10として、現在の状態を数で示して下さい。
最も痛かった時が10としたら現在は1.5くらいですかね。
上記しましたが朝のうがい時とアイスクリームを食べる時くらい痛みますね。
まあ、メタボな年齢なのでアイスクリームはいい加減やめようと思っています(笑)

4 知覚過敏で悩んでみえる患者さんへのご意見はありますか?
知覚過敏を甘くみてはいけません。最初は虫歯かなあと勘違いしがちです。
間違って治療するとどんどんひどくなります。食事が苦痛になります。
そのうち口臭も出ているのではないかと気になり、人と話すのも億劫になっていきます。
ちゃんとした専門医に行くとことをお勧めします。今は食事も普通にできます。
よく噛んで食べるようになったのか、体重も落ちましたね。
しかもマウスピースのお陰でしょうか、ぐっすり眠れるようになりました。
長年の不眠症からも解放されてよかったです。ありがとうございます。

院長コメント
名市大病院からの紹介で来られた時は息をしても痛いと顔をゆがめていらっしゃる状態でした。
これまで受けた処置が効を奏さなかったため治療不信にもなっておられました。
普通の日常生活をおくる事が出来るようになり本当に良かったですね。


当院には、知覚過敏の患者様が多く通われております。お困りの方はお気軽にご連絡くださいませ。

患者さんの声

■「4回、4ヶ月の治療で治りました」~女性の患者さんからのお声です~

「1年程前からうがいをすると色々な箇所がしみ、水分の多い物は特にしみ、
温かいお味噌汁や歯ブラシが当たっても痛く、
果物も歯に しみて痛くて食べられなくなりました。
むし歯かな?と思い歯科へ行きました。
診断は知覚過敏で意外なものでした。
そこでの治療は薬を塗ってもらうだけでした。
1ヶ月はその薬の効果で症状はありませんでした。
ですが1ヶ月経つと再び症状が出てくるのでまた薬を塗ってもらい、
その繰り返しで根本的には治りませんでした。
大原歯科に通って治療をしてもらい、今では食事でしみる事がなくなりました。
とても嬉しいです。ありがとうございました。」

■当院のホームページを見ていただき来院された患者さんのお声です。

年齢は40歳の男性の方です。

「他の他院ではハッキリと知覚過敏はむし歯じゃないので治せないと言われました。
薬を塗って効果がなくなったら、また塗っての繰り返しでこれではダメだと思いました。
こちらで治療をうけて、まさか3~4回で症状がなくなるとは思っていませんでした。
良くなってとても嬉しいです。本当にありがとうございました。」

■「初期の知覚過敏」~女性の患者さんからのお声~

「右下の奥歯が歯磨きをする時、歯ブラシを当てるだけで痛みがあった。
違和感もあったので一度診てもらった。
院長先生に噛み合わせを調整してもったたところ、その日の内にだいぶ楽になった。
一週間ほでで痛みはなくなると言われたが、3日で痛みが全くなくなった。」

院長コメント
「知覚過敏の原因のうち、噛み合わせの不良がかなりあります。
早い段階で来院されますと、改善も早い事は結構あります。」


■長い間、知覚過敏で悩まれていた患者さん(20代女性)からのお声です。

長い間、知覚過敏で悩まれていた患者さん(20代女性)からのお声です。

半年ほど前から歯がしみたりぐらつくような感覚がありました。
むし歯かと思い通っていた歯医者で診てもらったところ、
食いしばりが原因の知覚過敏ではないかとの事でした。
マウスピースを作り様子を見ていましたが、そのマウスピースを
はめてからさらに痛みはひどくなり、食事をする度に頭痛を
引き起こすほどになってしまいました。
そのうち自分の唾液でさえしみるようになり、四六時中鎮痛剤を
飲まないと痛みに耐えられないほどでした。

たまらなくなって、もっと食いしばりによる知覚過敏に詳しいお医者さまに診て
もらわなければと探し、インターネットで出会ったのが大原歯科医院でした。

救いを求めて伺った ところ、 院長先生が私の歯の状態、食いしばりと知覚過敏の関係などを
とても丁寧に説明してくださり、新たにマウスピースを作ることになりました。

そのマウスピースは主に前歯にはめる固いもので、噛みしめても奥歯に力が加わりません。
このマウスピースを毎晩はめ、院長先生のアドバイスに従って日頃噛みしめないよう
意識的に注意するようにしました。

院長先生の診察では毎回マウスピースの調整や噛み合わせを細かく治してくださり、
むし歯を田岡先生に治療して頂きましたが違和感はなく順調でした。通い始めた頃は歯の
痛みがつらく、お電話して急遽診て頂くこともありました。
その度に受付のお2人や歯科衛生士の方々も痛みを心配して丁寧に対応してくださいました。
そのおかげで変に我慢をせず救いを求めれた様に思います。

大原歯科医院での初診から4ヶ月ほ ど経ちまし たが、おかげ様で痛みは10分の1程度になり、
鎮痛剤は全く飲む必要がなくなりました。なかなか手強い知覚過敏とのことで不安になる私に対し、
院長先生は「時間はもう少し掛かるかもしれないけど、絶対痛みはなくしてあげますから。」
と言ってくださってとても心強く思いました。

ひどい痛みに苦しんでいた時は、このままでは平穏に暮らしていられない、こんなひどい痛みを
なくす事なんて出来ないんじゃないかとひどく不安でした。
でもその不安を手厚いサポートで治療してくださり、院長先生始め、
大原歯科医院の皆様には感謝しております。どうもありがとうございました。

院長コメント
「私が今まで診てきた知覚過敏症の患者さんの中でもトップクラスの難治性でした。
余りの痛さで食事前には必ず鎮痛剤を服用するという状態でした。
27年2月から6月まで約4ヶ月12回程の通院が必要でした。
歯の神経を取ったりせず今は普通の生活が送られるようになり本当に良かったですね。」


■当院のホームページを見ていただき来院された患者さんのお声です。
年齢は40歳の男性の方です。

「1年前に、他院でくいしばりの矯正の話の説明があったが受けませんでした。
来院する約2週間前から、歯と歯があたると痛み、
冷たいものや風があたってもとても痛くて、鎮痛剤を飲み続けていました。
当院で治療を受けたところ、1回でほとんど痛みがなくなり、最も症状の強い時を
10とすると2~3まで改善され、今では毎日が心配ありません。」

知覚過敏の原因がかみ合わせだと思っていなかったので、
当院を受診してとても良かったとの喜びの意見を頂きました。

■津田忍さん(47歳)

H24年末から顕著に症状が現れ、1度の来院で9割軽減、その後2度の来院で完治しました。
症状に気付かれたのは約6ヶ月前で冷たい水、少し熱い食べ物を口に入れた時に
知覚過敏の症状が現れました。
当院で治療を開始したところ、2度で完治し現在の症状は10→0で
(最も症状の強かった時を10として表しています。)全く問題ありません。

アンケートにご協力頂きありがとうございました。
今後は、冷たい物も熱い物も気にせず食べられますね。

マウスピースの種類

■スポーツマウスガード

近年スポーツが広く普及する様になってきましたが、スポーツ競技によっては歯に負担が大きくかかり、歯の破折や歯の磨耗が起こる事が多くあります。
又マウスガードを使用する事により、筋カがアップしたりパフォーマンスが十分発揮出来ると言う研究も多くあります。
安心して長くスポーツを楽しむために、「スポーツマウスガード」の使用をお勧めします。

安い量産品も多く出回っていますが、歯にピッタリフィットしたオーダーメイドでなければ、装着時の違和感から十分なパフォーマンスが出せないばかりか、不適合から来る顎の不調顎関節症や歯の損傷を招く事もあります。

是非、専門の歯科医師による作製、調整をお勧めします。 特に装着使用後の調整は大切です。この調整は専門の歯科医師でなければ出来ません。

SMG (スポーツマウスガード) はその使用目的により3種類あります
スタンダード
タイプ
フロントラミネート
タイプ
オクルーザルラミネート
タイプ
10,000円(税別)
1回調整
12,000円(税別)
前歯2枚重ね、1回調整
12,000円(税別)
咬合面2枚重ね、1回調整
一般的なスポーツ競技に向いています。
ゴルフ、テニス、陸上競技、体操、サバイバルゲーム、その他、建設作業や物品配送にも適しています。
突然の外カから前歯を守ります。
格闘技、ラグビー、アメフト、柔道、空手、ラクロス等コンタクトスポーツ
強い噛み締めを伴うスポーツに向いています。
ウエイトリフティング、ボディビル、アームレスリング、綱引き

■マウスピース

「歯ぎしり 」「噛みしめ」「くいしばり」などによる歯、顎への障害を防ぐ目的で改善方法の一つとして使われているものです。
上記に該当するほとんどの方は、無意識のうちにやってる事が多いのです。
歯がしみる、噛んだ瞬間に歯がズキッと痛む、顎が痛い、頭が痛い、首や肩がこるなどの症状はありませんか?
ある方は一度ご相談下さい。

効果
・歯を守ること・顎の関節を守ること・噛む筋肉の負担を下げること・心理的な安心感
・肩こり、偏頭痛も軽くなることもあります。

マウスピースアンケート

■41歳 女性

Q:何が不具合でマウスピースを作製しようと思いましたか?
A:「20才後半より右眼奥から上、後頭部にかけて線状に強い頭痛が起きる様になった。
当初は鎮痛剤が効いていたが最近1年前からは効かなくなり、4日~1週間程症状が軽くなるまで我慢していた。
頭痛で目が覚める事もあり、日中に激痛が有ると仕事が出来ない位だった。
虫歯の治療で受診した時に噛み合わせの不正を院長に指摘され、原因の究明と治療のためマウスピースを勧められたから。」

Q:マウスピースを作製するうえで不安に思った事はありますか?
A:「ひどい頭痛が軽くなるためなら何でもやってみようと思っていたから不安はありません。」

Q:マウスピースを作製して良かった点、悪かった点を教えて下さい
A:◇良かった点
「・頭痛がなくなりました。(装着2週間で頭痛の程度は1/3に。2回目の受診時(1ヶ月後)までには頭痛は完全に消失していました。)
ほおの裏、舌にあった歯の跡が薄くなりました。」



  ◇悪かった点
「・マウスピースに慣れるまで多少時間(2~3日くらい )がかかった程度です。素材が固いので思わず噛んだ時に歯が痛い。」

Q:同じ悩みを抱えている患者さんにアドバイスをお願いします
A:「鎮痛剤を飲まなくなりました。」

総合満足度   100点満点中  90点


院長コメント
噛み合わせの不正が原因となっている事もありますので、一度歯科医院を受診される事も検討すると良いと思います。

■40代女性

Q:マウスピースを作ろうとしたきっかけ
A:「朝起きたときに顎が疲れている。肩と首がこり、すごい疲れる 。
(首から顎にかけて痛い感じ)」

Q:どう改善されましたか?
A:「使い始めてだんだん良くなってきた。1週間前に使ったら、こりもとれた 感じになった。」

Q:1日どれくらいつけてますか?
A:「寝るときにつけている。6時間ぐらい。」

マウスピースを使い始めて1週間で10→5に軽減
(一番ひどいときを10としています。)

Q:悩んでいる人に一言
A:「試してみた方がいいと思う。」

ページトップ

Copyright 名古屋市中区の歯医者【大原歯科医院】 All Rights Reserved.